スポンサーリンク

不動産購入資金を貯める方法

現金イメージ 不動産投資
現金イメージ

こんにちは!けんです!!

今日は不動産購入資金の貯め方についてお伝えしたいと思います

不動産投資にはお金が必要です

一般的に銀行ローンでフルローンが組めたとしても、諸費用で物件価格の10%は自己資金を確保しておく必要があります

私が主にやっている築古戸建投資では物件価格にローンが付くことはあまりないので、物件価格自体は自己資金を用意して買うことになると思います

そこでどうやってお金を貯めるか

スポンサーリンク

貯金を増やす方法

基本的にはこの2つしかありません

①収入を増やす

②支出を減らす

当たり前ですが、とても重要です

①収入を増やす

給与アップ

転職

副業

方法としてはざっくりこの3つぐらいかと思います。

投資という選択もありますが、倍に増えることもありますが、反対に半分以下になるリスクも高いので、ここでは一旦除外します

給与アップはすぐには難しいことがほとんどだと思います

転職については、給与が上がる前提なら良い選択肢かと思います

副業が一番現実的な方法かと思います

仮に10万円収入を増やせれば②の支出を減らすと併用することで、うまくいけば年間200万円近く貯金することも不可能ではありません

転職と副業ついてはまた別記事でまとめたいと思います

貯金

②支出を減らす

支出を減らす方法で手を付けやすいのはこのあたりかと思います

基本的な考え方として、固定費を下げることが一番効果があります。固定費とは、毎月何もしなくても定額で料金がかかるものです

家賃、保険、通信などがこれにあたります

反対に変動費というものがあり、これは食費、交際費、日用品費などがあたります

・家賃を下げる(賃貸の方)

家賃については、家庭の事情などで変えられない方も多いかもしれませんが、昨今のコロナ禍の中テレワーク勤務の方などは都心に近い所にに住む必要性など含めて検討は可能かと思います

また、引越しをしなくても家賃交渉をするなどで下げてもらうということも可能です

例えば、同じマンションで募集されている部屋の賃料をネットで調べて、自分の部屋と比べて安ければ、交渉で下がる可能性があります

・家賃を下げる(持家の方)

持家なので家賃ではありませんが、住宅ローンや火災保険を見直すことで毎月の出費を減らすことが可能です

・通信費を下げる

今は格安SIMを始め、大手キャリアでも格安プランを出してきています

そこを見直すだけでも月に5000円近く下げることも十分に可能です

私も格安SIMに切り替えをしましたが、変えても使い勝手は正直そこまで変わりません

時間帯によって少し速度が遅くなることはありますが、全くネットに繋がらないというようなことはありません

また、携帯代だけでなく家のネット環境についても見直しをすることで、毎月のコストを下げることも可能です

・電気代を下げる

こちらも今はいろんな会社が電力に参入してきています

ほとんどの会社で料金シミュレーションが用意されていますので、自分の電気料金のお知らせをみてチェックしてみましょう

私も電力会社切り替えましたが、電気は普通に使えます。会社を変えるだけで毎月の電気料金が安くなります

・保険の見直し

保険についても、勧められるがままに入ったという方が非常に多いです

保障内容もちゃんと把握しないまま入っておけば安心という方は無駄な保険に入っている可能性が高いので、見直しをお勧めします

上記の他に食費を削るや交際費を削るなどあると思いますが、これについては我慢が必要なことでストレスの原因になったりもするので、長続きしなくなってしまいます

ですので、ここに挙げた4つのように生活の質をなるべく下げずにコストカット出来るものがオススメです

ちなみに私はこれらの見直しで毎月5万円固定費削減に成功しました

まとめ

収入アップはなかなかすぐに出来るというわけではありませんが、固定費の削減については、最初だけ手間がかかりますが、その後はずっと減った効果を享受し続けることが可能です

これらで浮いたお金をしっかり貯めることで毎年数十万から100万円近く貯めることも十分可能です

しっかり貯めて、不動産投資の種銭を作れるようにしていきましょう

コメント