スポンサーリンク

1番手買付入れたけど負けた!戸建投資の1番の敵は?

物件1号リフォーム前風呂 不動産投資
物件1号リフォーム前風呂

こんにちは!けんです!!

今日は先日入れた買付について感想を書きたいと思います

先日、千葉県柏市の戸建が680万円で売りに出ていました

状態はそこまで悪くはなかったのですが、内装等いろいろいじると250から300万円ぐらいはリフォームでかかりそうということで300万で買付出してみました

1週間後不動産屋から連絡があり、別から満額で買付が入ったという内容でした

満額で買付入ったんじゃあもうどうしようもないなということで諦めました

どんな人が買ったのか言える範囲で教えて頂いたところ、実需の方が買ったとのことでした

私は戸建を投資対象として買っていますが、その反対が実需です

つまり、自分が住むための戸建購入が実需です

投資として買う以上、購入してリフォームして賃貸に出してトータル合うかどうかという点で、いくらで買うかを決めていきます

実需の場合は収支が合うかというよりは、ローンを組んで返せるかどうかだったり、住み替えで以前の住居の売却代金がベースだったりと金額に対する考え方が全然違います

今回の柏市の戸建も私は投資として680万円は高いと判断しましたが、買った実需の方にとっては築古とはいえ駐車場付きの戸建が680万円だったら安いと判断したということです

今回の件は戸建賃貸をやる上で、メリットにもデメリットにもなり得ます

デメリットは、今回のように実需の方とバッティングした時に金額で負ける

メリットは、出口戦略として売却する際に実需の方向けにも売却が出来るという点です

1棟アパートだと実需向けに売却ということは基本的にはあり得ません

まとめ

戸建賃貸の投資家にとって1番の敵は実需の方です

やはり金額に対する考え方が全く違うので、指値を入れる場合は十中八九金額では負けてしまいます

対策としては、とにかく早く動くことです

マイホームを購入しようとする方は一般的にその場ですぐ購入を決めることはありません

いろいろ見て検討するはずです

以上、戸建投資の1番の敵は?という話題でした

不動産投資セミナー
不動産投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
realife0405をフォローする
元サラリーマン大家の経済的自由への道

コメント