スポンサーリンク

変な業者に騙されないように気をつけるべきポイント

●× 不動産投資
●×

こんにちは!けんです!!

今日は気をつけるべき不動産業者について書きました。

私は過去に1度だけ取引先業者から変な取引を持ちかけられたことがあります

それは、売買代金をネコババしようとする業者がいたということです

結果的にはそのようなことは出来ないと断ったので何も起こらなかったのですが、売主買主双方の知らないところでこんなやり取りが業者間で行われているということを皆さんにも共有できればと思います

経緯

去年のことでしたが、知り合いの建築会社の社長から、相続案件で戸建を売りたいというお客様がいるので手伝ってくれないかと連絡がありました

その社長には世話になっていたので、快くお手伝いさせて頂きますと回答しました

社長の知り合いの税理士が宅建業者でもあり、その税理士の顧問先の家だとのことでした

売主側業者はその税理士兼宅建業者が、私は買主を見つけ、買い側業者として関わることになりました

そこから売買代金の交渉など契約条件もまとまったので、契約しあとは決済するだけという状態になりました

決済は買主から売主の銀行口座に振込をすることで完了するのが通常の流れになります

ただ、ここで問題が発生しました

決済日前日に売主側業者が、急遽売買代金の振込先口座を変更してくれと言ってきました

口座の変更だけならいいのですが、その口座を見ると

なんと売主側業者の担当者の個人名になっていました!

これはどういうことですかと尋ねると、売主さんも承諾してますとしか言いません

こちらとしては、すぐにそうですかと飲めないので、もしそれが本当なら売主さん直筆で実印が押された書面で出してくれと依頼しました

そうすると紹介元の建築会社の社長の名前を出してきて、今までの付き合いがあるから信用しろと言ってきました

こちらとしてはお金の部分はただ信用しろと言われても無理だし、付き合いがあるなら余計にちゃんとすべきだと思うと先方に伝えました

そうすると信用出来ないというならもう結構です。お宅とは二度とお付き合いは出来ませんと返事が来ました

全く意味が分からないですよね

紹介元の建築会社社長にも経緯を説明したところ、そんな人間じゃなかったんだが…とのことでした

そんな状態で決済当日を迎えましたが、こちらとしては買主さんからの信用を無くすわけにもいかないので、当初の予定通り売主本人の口座へ送金を行い、取引自体は全て完了しました

気をつけるべき業者

・うちに任せてくれれば大丈夫としか言わない

・契約前に内容説明をちゃんとしない

・やたらと誤字脱字が多い

・良いことしか言わない

不動産は特に金額が大きい取引ですので、不安不満があればしっかりと伝え、対応してくれないのであれば取引を辞めた方が良いです

契約してしまった後では、もう後には引けません

契約後に解約すると手付金が没収されたり違約金が発生してしまいます

その金額も100万から高ければ1000万単位で損失を出しかねません

やっぱ辞めたが出来ない世界ですので、不明点は分かるまでしっかり説明を求め、対応してくれないなら契約しないことをオススメします

以上、変な業者の話でした

不動産投資セミナー
不動産投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
realife0405をフォローする
元サラリーマン大家の経済的自由への道

コメント